Clinic Name

新宿西口クリニック「新宿NSビル スカイクリニック」

phone_in_talk 03-6258-5755

【診療時間】10:00~14:00 15:00~19:00

内視鏡検査

大腸内視鏡検査

水浸法による大腸内視鏡

大腸の内視鏡検査において挿入時の痛みを麻酔を使ってごまかすところがありますが、新宿NSビルスカイクリニックでは、後藤医師の開発した「水浸法」を継承した辻院長がおこないます。「水浸法」検査では、麻酔を使わなくても痛くありません。 (麻酔をご希望の方には使います。) また、技術の指標となる盲腸までの挿入時間は平均5分以下ですので検査時間も短時間で終わります。

大腸内視鏡検査

早期発見が重要

年々増えている大腸がんは、若い方にも多く、自覚症状がないため、気づいた時には手遅れというケースもあります。胃がんや大腸がんは早期の発見での生存率は格段に上がります。 患者さんが痛くない検査ですから、ぜひ定期的な検査を受けてください。

検査でわかること

大腸がんや、大腸ポリープ、炎症による出血する潰瘍性大腸炎、クローン病などがわかります。大腸全体を内視鏡で診ていき、ポリープなどはその場で切除し、病変部位と思われる部分は特殊な染料を使って染め出します。入院する必要もありません。

事前準備

検査の2〜3日くらい前から、腸の中をきれいにする必要がありますので、腸管に残りやすい食事をなるべく控えてください。「豆類(納豆、その他豆類)・野菜・海藻・きのこ類・種子(ごまなど)」
前日は、脂質の多い部位の肉料理や揚げ物などはなるべく避け、消化の良いものを食べてください。
飲み物は、水、お茶、コーヒー、紅茶(砂糖は可、ミルク・レモンは不可)、ジュースはいいですが、青汁、野菜ジュース、スムージー、果肉入りフルーツジュース、牛乳、ヨーグルト、乳製品飲料、アルコールは避けてください。
下剤を検査前日21時頃飲んでいただきます。
検査当日は予定を入れずに一日空けていただいたほうが無難です。
※詳細は、内視鏡検査前の検診時にお話しします。