Clinic Name

新宿西口クリニック「新宿NSビル スカイクリニック」

phone_in_talk 03-6258-5755

【診療時間】10:00~14:00 15:00~19:00

GLP-1製剤(リベルサス)を用いた治療に関して

GLP-1ダイエット

リベルサス錠について

GLP-1は食後に小腸の下部から分泌される消化管ホルモンです。GLP-1製剤は糖尿病の治療薬として開発されましたが、その作用として膵臓に働きインスリン分泌を刺激し血糖を下げる効果だけではなく(血糖が低い時には血糖を下げすぎない作用があります)、食欲を抑えたり、胃腸の動きを止めたりする食事のブレーキとして働く作用があります。またそれ以外にも、各臓器の脂肪を燃焼させたり、糖化を防ぐも期待されています。私達は肥満やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の治療の一つとしてこのGLP-1製剤の使用を試みています。リベルサス錠には重篤な副作用はあまり見られないことが知られていますが、消化器の働きや栄養代謝に影響を与える薬剤であり、その使用には十分な注意と観察が必要です。尚、リベルサス錠は3㎎、7㎎、14㎎と3種類の錠剤がありますが、患者様の状態に応じて、内服方法と投与量の調整を行っています。

GLP-1ダイエット

副作用について

GLP-1製剤はサプリではなく、薬剤の一つです。それ故に人体にとって有用な作用がある反面、身体にとって不具合を起こす副作用もあります。具体的には便秘や嘔気、腹部膨満感や食欲不振などの消化器症状が多く見られますが、その他にも疲労感や倦怠感、頭痛などの症状も見受けられます。薬の内服中にこのような体調の不調が生じた場合には、速やかに薬剤を中止してクリニックもしくは担当医にご相談ください。

服用方法

①空腹時(1日の最初の飲食前)に必ず服用して下さい。起床時がお勧めです。
②服用する時は、少量の水(コップ半分(約120ml以下)で服用して下さい。
③服用後に飲み物を飲んだり、食事をしたり、他の薬を服用する場合は、服用後60分経ってからにして下さい。
*内服後に空腹時間を設けることが効果を増強します。

禁忌・注意事項

・膵炎などの膵臓疾患の既往、甲状腺疾患の既往、重度の胃腸障害(胃潰瘍、炎症性腸疾患など)のある方
・低血糖を起こす可能性が高い以下の状態の方
1)脳下垂体機能不全又は副腎機能不全
2)栄養不良状態、飢餓状態、食事摂取量の不足
3)激しい筋肉運動
4)過度のアルコール摂取者
・糖尿病の方
・妊娠中または2か月以内に妊娠する予定の方、未成年の方、60歳以上の方など
上記の方は、リベルサスの使用を控えさせていただきます。


メディカルダイエット療法の費用について

GLP-1製剤は欧米や韓国においては肥満の治療薬として認可を受けていますが、日本においては糖尿病の治療薬以外の認可はされていません。治療にあたっては、使用に十分な注意が必要です。尚、この治療は保険適応外であり、完全自費診療になります。

ダイエット療法の基本は3ヶ月コースですが、薬の内服量、期間の延長・短縮によって料金が変わります。尚、当院においては安心と安全のために医師の連携を取ったしっかりとしたダイエット療法を心がけていますので基本お薬だけの販売はしておりませんのでご了承ください。